サイトへ戻る

適応能力の高さについて

· 店舗について

 

JKC(ジャパンケネルクラブ)から定期発行されているGazetteに興味深い記事が載っていましたので紹介したいと思います。

「ワンちゃんの留守番」に関する特集が書かれていました。

 

コロナ渦で在宅やテレワークが多い日常➡withコロナになり日常生活の復活、外出によるワンちゃん達の留守番が多くなってきていますが、留守番ができないワンちゃんが多いという記事が書かれています。

そして、これに対する対処方法が書かれていたのですが、何点か共感できる内容がありました。

1つ目は柔軟性について 

長い歴史の中でワンちゃん達が犬社会➡人間社会に馴染めた大きな理由の一つは、「適応能力の高さ」にあります。

ワンちゃんに合わせた生活、人に合わせた生活➡私がよく説明しているのは、ワンちゃんはどちらの生活にも馴染める(適応する)ということです。

 

2つ目は別々に過ごす時間について

私が考えているのは「適度な距離感」です。もちろん「信頼関係」があることがベースとなりますが、お互いの存在を尊重し合った距離をもつことはとても大切です。

適度な距離感をもつことでワンちゃん自身も「自信」をつけていきます。

 

3つ目はクレートについて

狭いところが可哀そうという意見もありますが、安心できる場所を作ることはとても大切です。安心できる場所があることが➡「自信」へとつながっていきます。

狭い場所(安心できる場所)にはいれて、広い場所にいられるのか、狭い場所にはいれないから広い場所にいるのかでは、自信と不安の関係に似ています。

短い時間から少しずつ時間を伸ばすこと(スモールステップ)が大切です。

 

 

 

そして、最後は私が好きな言葉!

「自信」をつけることはとっても大切です。

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK